業務委託のトラブルを避けるためのスキル

個人事業主として、業務委託を受けて仕事をする場合に大切なことは、依頼を受けた仕事を顧客が満足するレベルで完成し、納期に間に合うように提供することです。
これができない場合は、委託者との間でトラブルになる可能性が高いでしょう。

一番わかりやすいトラブルは納期の問題です。
設定されている納期に間に合わせるのは当然ですが、余裕を持って完成するように努めることが重要になります。
ある程度余裕を持って納品できれば、依頼者との間で成果物に求めるものの祖語があったとしても、わずかな修正をして納品し直す余裕が生まれます。
ぎりぎりで提出するようでは、こういった調整を行う余裕がなく、結果的に問題が生じてしまう可能性が残ることになります。

また、成果物のレベルも大切です。
仮に、依頼者が求める表面的な条件は満たしていたとしても、全体的な成果物のレベルがプロとして提供される一般的なレベルに達していなければトラブルになる可能性があります。
そのため、プロとして恥じない仕事ができるよう、自分のスキルを常に磨いておく必要があるでしょう。

個人事業主がプロとして業務委託を受ける場合は、会社員のように言われた内容だけをやるだけでは認められない可能性があることを自覚しておく必要があります。
自分が持てる能力を最大限発揮できるように研鑽を積んでおくことはもちろん、限られた時間内で一定レベルの成果物を作りあげるだけのスキルも要求されることを覚悟しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です